2003年の記録


日時 作品名 劇場名 満足度 備考
1/11 桜の園 シアターコクーン ☆☆☆☆☆ もう。。。素晴らしすぎます。麻実れいさん!!キャストの皆さん素晴らしかったが香川さんがとても良かった。昨年新国立劇場で観た「桜の園」。あれもいい舞台だったけれど、役の作り方などこれと対極にあるように感じた。こちらの方がきっと本当なのだろう。しばらく舞台をお休みしてた(?)高橋洋さんの復活が嬉しかった。
1/26 青年座「見よ!飛行機の長く飛べるを」 本多劇場 ☆☆☆☆☆ 元々この作品は大好きなので上演してくれるだけで嬉しいのです。。。公演自体ももちろん良かったのだけど。今回かなりキャストが変わったことで、今までとの違いを感じるのも楽しかった。本公演ではもう東京ではやらないと言う話ですが。。。またきっと上演してくれると信じてます^^
2/1 ピルグリム 新国立劇場 ☆☆☆☆☆ 正直なところ、鴻上尚史さんの作品でこんなに良いと思ったのは初めてかも。。。。昔の脚本を改訂しての上演だが古さは全く感じさせない。みなさん上手かったが大森博さん、山本耕史さんのうまさが際だっていた。
2/2 ファンタスティックス 世田谷パブリックシアター ☆☆☆☆☆ この作品を大劇場でどのようにやるのだろう??と興味津々で観に行った。良い意味で観客を思いきり巻き込んでいた。こんなに良いファンタスティックスは久しぶり!マット&ルイザのパパ達が特に素晴らしかった。
3/1 浮標 新国立劇場 ☆☆☆☆☆ 久々に良い作品に出会えたなぁ。。。多少の古さはあるもののその【想い】は今にも通じるものがあるだろう。長いお芝居だが長さを全く感じないのは生瀬さんの迫力によるだろう。時間が許せばもう一回行きたいぐらい!すでに今年のベストプレイかも、、、
3/1 チャーリーはどこだ? 東京芸術劇場 ☆☆☆☆ 久々に楽しいオフブロードウェイミュージカル。岡さんの女装がお化粧もばっちり!というスタイルではなかったのが、なぜか新鮮だった(笑)観ている側は楽しさ一杯だけど演じる側はかなりの体力を要求されそうな作品で。。。。力のある役者さんばかりの舞台なので安心して観ていられるし^^ たまにはこんな作品も良いなぁとしみじみ。公演期間が短いのがとても残念。キャスト変更なしの再演を望みたい。
3/2 ペリグリーズ 彩の国芸術劇場 ☆☆☆ さすが蜷川さんと唸らせるほどわかりやすくまとめてあるし、飽きもこないのだが。。。。
海外公演を意識しすぎのようなセットや衣装にちょっと戸惑いもあった。内野さんを始め、市村さん・白石さんとキャストの皆さんは素晴らしかったのだが。。。
3/11 オケピ! 青山劇場 ☆☆☆☆ ドラマとしては初演よりも良くなっているし、小日向さんのとぼけっぷりと白井晃さんは真田さんとは全く違うタイプのコンダクターを創りあげ素敵だったのだが。。。キャスト的には初演の方が好きだったかなぁ。。。天海さんの無理のある声よりも松さんの方が素晴らしかったし、小橋さんの出ない高音と不安感の全く感じられない「ああ母さん・・・。」には白けてしまった。
3/15 Me & My girl 帝国劇場 ☆☆☆☆ やっぱり作品が良いなぁ。。。と大きく実感。唐沢さんは素晴らしいビルだったし、アンサンブルも最近の東宝作品には珍しく、ベテランの方達が多かったためよくまとまっていたし、男女で演じていることで深みが出ていたと思う。だが、宝塚版の台詞と歌詞が頭の中を回っているのはなぜ????もう一回観たいと思うもののやはりの満員御礼。東宝さんだしきっと間違いなく再演されるでしょう。
3/21 演劇集団キャラメルボックス「太陽まであと一歩」 帝国劇場 ☆☆☆ 作品的にはキャラメルお得意のファンタジー。設定自体はよくありがちだけどおもしろい。だが、普段はあまり目立たないが上川さんが出演すると他の役者の未熟さが目立ってしまうかなぁ。。。。
3/23 青年座「乳房」 紀伊國屋ホール ☆☆☆☆☆ 素晴らしかったぁ。。。。実際教授のように嫌な人間はいるかもしれないけど、伊作のように純粋無垢な人間はいないような。。。。
そんな虚構の世界ではあるけれど、その対比を楽しんだりほのぼのとした笑いに包まれたり。西田敏行さんの急な降板で代役の山野史人さんが本当に素晴らしかった!この役は山野さんの方が合っているんではないか?と時に思えるほど。。。
3/25 白鳥の湖 オーチャードホール ☆☆☆☆☆ スワンは首藤康之さん。いや〜〜〜良い舞台だったぁ!久々に舞踊で感動しました(o^-')b 追加公演が始まったばかりのため、東京公園中盤頃に見えていたという疲れはそんなに感じなかったかな?首藤さん念願のスワン役で活き活きとしているように感じた。ただストレンジャーは。。。上手いんだけどちょっと地味かなぁ?ストレンジャー役は技術のうまさだけではなく、華やかさとか色香とか感じさせなければいけないから、これはどちらかというと生来の要素が要求されるような。。。首藤さんは少し顔立ちとかも他のキャストに比べると地味だから仕方がないのかも。でも日本人がAMPの舞台にしかも主役で立っているというのはすごいこと。そんな記念すべき舞台を観られて良かったと思います。
3/31 青年座「モロッコの甘く危険な香り」 青年座劇場 ☆☆☆☆ 先日の「乳房」とはまた違う意味の人間愛を改めて教えられたような気がする。利己的に生きる人間と、自己を省みずあくまで相手を思いやって生きる人間と。。。。
普遍的なテーマだけど非常に考えさせられますねぇ。
4/23 サラ パルコ劇場 ☆☆☆☆ 初演時に比べて円熟味が増した気がする。初演よりも麻実れいさんのサラが老齢だったように感じた。これによって若いときのサラとの対比が際だつわけで^^。素晴らしい舞台でしたぁ!
今、初演時の自分の評を見返して、初演時は赤の五つ星をつけている私。。初演より良かったと感じた訳で、ってことは私の見方が厳しくなっているってこと?・・・。
4/26 マッチ売りの少女 新国立劇場 ☆☆☆☆☆ 文句なしに素晴らしかった!キャストが二転三転した訳だが、キャストが変更になったことで、演出の坂手色をより強く体現できているような気がする。
難解な戯曲を非常に分かりやすく作っており、セットも照明も素晴らしかった。
5/10 NODA・MAP「オイル」 シアターコクーン ☆☆ 野田秀樹さん流の反戦メッセージかな。。。。
作り方によってはとっても危険かも。。。。
作品は松たか子さんの一人舞台って感じ。藤原竜也さん。。声に切れがなく、野田舞台のスピードに乗り遅れているよう。
5/18 風と共に去りぬ 帝国劇場 ☆☆☆

うん。初演に比べると格段に洗練されてました。レッドとアシュレがキャスト変更となったことで、随分と印象が違うな やっぱり。個人的には不必要なシーンが削られ、入れるべきシーンが入ったような気もするし。ただ2幕が少し間延びしてたかな?
石井アシュレにて

5/24 風と共に去りぬ 帝国劇場 ☆☆☆ 全般的には先週よりずっと良いかな?ただ、前回に比べると良い席で観ていたので、色々と細かい粗は目立ったかな。。。岡孝二郎さんうまいです。思っていてよりも線の細いアシュレで最初はこの細さで最後はどうなの?って思っていたのだけど、しっかり泣かせていただきました。
5/25 宝塚歌劇「雨に唄えば」 日生劇場 ☆☆☆☆ 女性だけが演じると言うこともあってか、ダンスシーンは映画の通り・原案の舞台の通りという訳にはいかなかったが、素晴らしい舞台だった。昔は良く宝塚を観ていたのだけれど、段々と舞台の質が落ちているように感じ遠ざかったいたが、常にこれぐらいの舞台をみせてくれるなら宝塚良いなぁ。。。としみじみ。千秋楽が近いこともあって生徒さん達は遊び放題だった(笑)
6/5 青年座「パートタイマー秋子」 紀伊國屋ホール ☆☆☆☆ 演出助手さんが、実地取材を行ったというだけあり、リアルさも感じられとっても面白かったが。。。。。身につまされる場面も。
森塚座長が素晴らしかったです。
6/7 サド侯爵夫人 新国立劇場 ☆☆☆☆☆ 鐘下作のマクベスは好きになれなかったが、純粋な演出となると素晴らしいなぁ・・・。と実感。もっと難解な作品と思っていたが、それに反して非常に分かりやすい作りとなっていて楽しめた。
6/22 ゴルヴリョフ家の人々 新国立劇場 ☆☆☆ ザ・ロシア演劇!!って感じ(笑)照明とセットの美しさが目についた。
何となく分かりやすく感じたのは、永井脚本のおかげか?
7/4 フユヒコ 三百人劇場 ☆☆☆☆☆ どんな話か分かっていても、笑えて切なくて引き込まれる。山野さん・今井さんなくして、この作品は語れませんね〜〜〜。東京公演は今回が最後とのことですが、んなこと言わずに 何度でも繰り返し上演していただきたい作品の一つです^^
7/13 ハムレット 世田谷パブリック劇場 ☆☆☆☆☆ かなり大胆にカットしているも、翻訳がスッと耳に入ってくるのが素晴らしい。ただ、ハムレットのお話を知らないと辛い部分があるかもしれない。近代的なセットも効果的。
出演者の皆さんも素晴らしく、あっと言う間のひとときだった。ぜひぜひ再演を望みたい。
7/26 レ・ミゼラブル 帝国劇場 ☆☆☆ うん。やっぱりレミは良いなぁ。。。としみじみ。
でもやっぱり短縮させないオリジナルのままの方が好き。 短縮させたことで伝わりにくくなる部分があるし。オリジナルになれてしまっているので、椅子の上で ヽ(__ __ヽ)コケッ!!ってなってしまう・・・。
キャストを知ったときに感じた(アンサンブルが弱くなるだろう。。。)はしっかりと当たった。う〜〜む もぉ少し何とかならんかなぁ。。。。。収穫は絶対に良いだろうと思っていた別所バルジャンが、予想以上に良かったことかな?
別所・内野・井料・坂本・山本・剱持・駒田・森・吉野
8/2 紙風船/蝶のやうな私の郷愁 シアター 風姿花伝 ☆☆☆ 劇場こけら落とし公演。東さん・森塚さんの存在感あふれる上品なお芝居が素晴らしい^^
8/16 サタデー・ナイト・フィーバー 新宿コマ劇場 ☆☆☆ 作品としては面白いかな?でもダンスだけの出演者多し。。。いかにダンスミュージカルといえども。。。。また、ダンスもステージダンスとは随分と趣が違うのでうまく感じられない出演者も。
9/13 ビジネスクラス 青年座劇場 ☆☆☆ ジテキンらしい作風。ん〜〜〜〜。色々考えさせられたけど・・・・。難しいなぁ・・・。救いないし。ステージと客席がとても近いので、役者さんの表情がよく見え感じられ。。。そこが良かったかな。
9/14 レ・ミゼラブル 帝国劇場 ん〜〜〜。前回も作品としてはどぉかと思ったが。。。ここまでひどくはなかったぞ?
アンサンブルひどすぎ。。。。役として生きてないし・・・。声出てないし。。。自分のソロの部分だけ頑張ってますって感じられた。 もっと安心してみていられる作品にして欲しいなぁ。。。東宝さんってば。きっとまたやるんだろうけど・・・。こんなできじゃもぉレミは良いかなって思ってしまう。もっとお芝居のできる役者さん揃えて欲しいなぁ。。。
今井・今・マルシア・新妻・岡田・剣持・三遊亭・瀬戸内・吉野
9/15 エレクトラ シアター・コクーン ☆☆☆☆ 良かった。凄かった!!
でも。。。疲れたw
先般の「グリークス」のお陰で彼らの「その後」「結末」を知っているからこそ、楽しめたけど唐突で救いのない終わり方でした。ツラすぎるっ・・・。
10/5 加藤健一事務所「詩人の恋」 本多劇場 ☆☆☆☆☆ 二人のユダヤ人音楽家の友情を描いた作品。ナチスドイツによるユダヤ人迫害などを絡めてはいるが、重くならないのはさすが。楽しいけれど色々と考えさせられる作品に仕上がっていた。これ 再演重ねて欲しい。友人などに勧めたい作品の一つになりました。
10/19 グリース 新宿厚生年金会館 ☆☆☆ リアルタイムでこの映画を知っている世代ではないので、作品的にはちょっと辛い。
が、ウエストエンドの舞台に立った役者さん達がそのまま日本にやってくるというのは滅多にないこと。その意味で貴重な時間だった。ここの役者さん達はそれぞれ素晴らしかったし。
11/1 十二夜 帝国劇場 ☆☆ 出演陣は豪華だけど、なぜこのキャスティングなのか分からないなぁ。。。というのが正直なところ。もったいなさすぎる。。。。
脚本が後からできた。。。と言ったところか。
2幕はともかくとして、1幕が辛かった。。。。決して長くはない戯曲を強引に長くしたから?ギャグ合戦いらないんだけどなぁ。。。
11/1 夢の泪 新国立劇場 ☆☆☆☆☆ 素晴らしかったぁ!!ともすると重くなりがちな東京裁判という題材を、くどくない笑いと歌で重く感じさせない。。。
さすがの井上マジックでした。毎度のことながら 東京だけの上演というのはもったいないですね。紙屋町〜のように、こまつ座で上演してくれることを願いたい作品です。できれば今回とほとんど変わらないキャストで。。。。
11/15 十二夜 帝国劇場 ☆☆☆☆ ;;;;(;・・)ゞウーン 役者さんそれぞれが前回より特に際だって良かった訳でも、テンポが変わってる訳でもないのに良かったのは 一階の前方で見たからかしら??
11/21 欲望という名の電車 青山円形劇場 ☆☆☆☆ 篠井さんのブランチ。。。美しすぎますっ!!
今までにない欲望でしたけどねwあんなにギャグ満載のスタンリー みたことないw
11/24 AOI シアタートラム ☆☆☆☆ 能を現代劇に置き換えるという試み。個々人の好き嫌いははっきり別れるような作品だと思うが、私は好きかな。。。。
元の作品をある程度知らないと理解しにくいかも??
12/11 青年座「家族カレンダー」 本多劇場 ☆☆☆☆☆ いやぁぁぁぁ。パワフルな作品でした。ここの作品はいつもそうだけど とても考えさせられつつ、楽しんできました。
12/14 こまつ座「紙屋町さくらホテル」 紀伊國屋劇場 ☆☆☆☆☆ 新国立劇場で上演された作品を演出を変えてこまつ座初演。
新国立劇場の演出とは意図が違う???戦争色がかなり色濃く出ていたような。。。でも私はこっちの方が好きかな。。。


homeへ戻る2001年の記録へ 2003年の記録へ