2002年の記録


日時作品名劇場名満足度備考
1/12 ミュージカルへようこそよみうりホール☆☆☆名作「見果てぬ夢」の焼き直し作品。鈴木ほのかさん・安崎求さんの歌でたくさんのパワーをもらった。ただ劇場が少し大きすぎるかなぁ??もう少し小さな劇場だともっと良かったかも。。。
1/18 かもめ新国立劇場☆☆全体的に演出が単調で、間延びしている部分あり。2場が異様に長く感じた。。。が、三田さんのアルカージナは素晴らしかった。
1/22 彦馬がいくPARCO劇場☆☆☆☆☆3時間以上という長さを全く感じさせない。泣き所も笑いどころもしっかりと押さえた秀逸作。キャスティングもピッタリ♪
何よりも下手さを感じさせない役者さんがいないのが良い!(本来当たり前なんだけど。。。)
特に、梶原善さん・小日向文世さんは、今の演劇界にこの人ほどこの役にはまる人はいないだろう感じさせてくれた。
2/3 Shoes On! 3かめありリリオホール☆☆事実上の千秋楽に当たるようで、客席の盛り上がりがすごかった。ダンスもタップも歌も素晴らしいのだが、去年に比べると今ひとつまとまりに欠ける印象を受けた。
3/5 パナマ・ハッティ帝国劇場☆☆作品自体はまあまあ。明るくて何も考えずに観ることができる。シルヴィア・クラブさんが光っていた。
が。。。。。カーテンコールの後の宝塚ばりのショーには唖然呆然。。。これさえなければ気持ちよく帰れたのになぁ…( ̄。 ̄;)ブツブツ
3/15 くしゃみ新国立劇場☆☆☆☆楽しいお話しあり、哀しいお話しあり。あまりコメディには縁のない麻実れいさんのコメディエンヌぶりがおかしかったぁ〜〜。男役を最初麻実さんと気づかなかったのは私だけでしょうか??いっこく堂さん、芝居は弱いものの、表情の多彩さと腹話術で楽しませてくれた。
3/17 こまつ座「國語元年」紀伊國屋ホール☆☆☆昔TVドラマで字幕付きで見た記憶あり。。。
細かな方言の意味まで分からないものの、大いに笑った3時間だった。けど。。。。少し長すぎ。。ちょっと時間を長く感じてしまった。
3/21 青年座「一つきりの嘘」青年座劇場☆☆☆☆朗読劇のスタイルによる二人芝居。津嘉山正種さん・長谷川稀世さんの素晴らしい表現力で、頭の中にくっきりと風景が思い浮かぶ。コトバってすごい。。。
3/22 You are the tap世田谷パブリックシアター☆☆☆☆☆土壇場で鹿賀丈史さんの急病による降板があり、代役の浅野和之さんでの上演。
作品の素晴らしさもさることながら、この作品はもう浅野さん抜きでは上演できないであろうと思えるほどの好演。鹿賀さんに当て書きされたはずの役を、見事に自分のものにしていた浅野さん。素晴らしい!!
4/7 チャーリーガール帝国劇場☆☆☆主演の愛華みれさんはとってもチャーミングではあったのだが。。。
この作品は、初風諄さん・森公美子さんの母親コンビが何よりも光り、目立っていた。
4/14 カーマンオーチャードホール☆☆☆☆☆感情のあるダンスってすごいなぁとつくづく感じた作品。衝撃的なラストに向かうにつれて、気持ちがとっても疲れてしまったのでした。。。
同カンパニーの「SWAN LAKE」が来年の来日が決まった模様。。。こちらも楽しみ!
4/20 劇団四季「コンタクト」四季劇場☆☆ダンス自体はとてもキレイなのだが。。。
「カーマン」を観た直後というのもあって、揃っているだけ奇麗なだけのダンスという感は否めない。3部の「黄色いドレスの女」は比較的楽しめたが、それ以外はちょっと私には受け付けなかったらしい。。。
5/12 欲望という名の電車シアターコクーン☆☆寺島しのぶさんのうまさが際立った舞台。他の役者さんも良いのだが、大竹ブランチは最初から狂気が見えてちょっと違うかなって気がした。。。
蜷川演出は音楽を効果的に使い、ブランチの心情を表している。
5/14 青年座「湖底」紀伊國屋ホール☆☆作品自体は面白いし、演出もごく普通なのだが。。。。何かが違う。。。終始居心地の悪さを覚えた公演だった
5/18 マイ・フェア・レディ中日劇場☆☆☆☆やっぱりこの作品は真央さんに合っているなぁと改めて実感。 フレディの岡幸二郎さんの演技と歌のうまさを久しぶりに目の当たりにして嬉しかった。見慣れたはずの作品なのにわくわくしながら観ていた。
一方で脇を固める役者さんが豪華絢爛で、もったいなさを感じた。だからこそ、作品がまとまっているのだけれど。。。
5/25 ストーンズ・イン・ポケッツ東京グローブ座☆☆☆勝村さん・市村さんともに、達者な役者さんだなぁと改めて思った。 色々な意味で考えさせられる作品。思っていたより笑いはなかったかな??
6/5 I do! I do! 結婚物語かめありリリオホール☆☆☆☆☆いやぁ〜〜。面白かった!! 人生こう甘くはないだろうけど。。。 力のある役者さんを得て、とっても暖かく骨太で素敵なミュージカルとなっていた。
6/15 オイディプス王シアターコクーン☆☆☆☆☆すごい作品だった。。。古典様式の野村萬斎さんの演技が作品と演出に上手くかみ合っていた。 萬斎さんももちろん素晴らしかったのだが、吉田鋼太郎さんの温かみのある演技が目を引いた。
7/7 キス・ミー・ケイト帝国劇場☆☆一幕は面白かったのだけど、二幕になって失速した。
この版で上演された大浦みずきさん主演 宝塚版の印象が頭にこびりついているせいか、私のイメージとも合わず。
これ、もっと面白い作品のはずなんだけど。。。。
しかし、今井清隆さんは歌になると輝きますね。全体的に光っていたのは、やはり春風さん。地味だけど春風さんが出ているだけで舞台が引き締まります。
7/13 桜の園新国立劇場☆☆☆作品を明治時代の日本に置き換えたことで、自然と作品に入っていけたような気がする。作品自体は悪くないんだけど、CASTの技量にばらつきがあったように感じた。
主演の森光子さんが風邪をひかれていたようで、咳き込んだり声が伸びてなかったり。。。それでも最前列で観ていたこともあって、ベテラン俳優さんたちのお芝居を堪能したのでした。
7/14 青年座「美しきものの伝説」紀伊國屋サザンシアター☆☆☆☆新国立劇場版の同作とは、全然違う作品のように感じたが、青年座版のほうがやはりメッセージ性は強いかも。ラストのクロポトキン夫妻の暗殺の暗示は少し弱かったように思うが、地味ながら秀逸な作品。私的には豪華なキャストでした♪
8/5 海の上のピアニストかめありリリオホール☆☆☆休憩なしの約二時間を、全く飽きさせず一人でこなす市村さんの力量はさすが。 稲本 響さんとのピアノの競演が素晴らしかった。映画は未見なので、近々観てみたいなぁ。。。
8/17 フルモンティ国際フォーラム☆☆☆面白い作品ではあるのだけど、やはり映画には適わないなというのが正直なところ。もう一回映画を見てみたくなった。
どこかで聞いたことがあるような曲ばかりではあるのだが、曲は結構好きかも。近々CD買おうかな??
8/28 おじいちゃんの夏休み青山円形劇場☆☆☆個性あふれる役者さんたちに役がぴったりはまる素敵な舞台。中盤多少間延びしたが、かなり面白い舞台だと思う。ただ。。。。。
この舞台って一応『子供も楽しめる』舞台のはず。。。どう考えても大人のための舞台で、子供向けとは思えない。観たのが大人限定ステージだったから、演出もこの回だけ大人向けだったのかな??
9/1 演劇集団キャラメルボックス「嵐になるまで待って」サンシャイン劇場☆☆☆前演の役者さんのイメージが強いせいか、いまいちしっくりこない。
しかし忍足さんの豊かな表情には魅了されっぱなしのひとときだった。
9/8 青年座「お茶をすすって」青年座劇場☆☆☆☆☆とても素敵な心温まるお話だった。私自身はこの時代を知らないけれど、懐かしい日本の風景。。。といったところでしょうか?
9/22おかしな二人【男編】PARCO劇場☆☆☆☆巷では【女編】の方が評判が良いようだが、私は断然【男編】派。オリジナルの強みもあるとおもうが、巧者揃いな上に、キャスティングもぴったり。とにかく大いに笑ったひと時だった。
対して、女編は巧みな役者さんもいらっしゃるのが、ラストシーンのみ女編の方がすっきりしていたけど、総じて弱い印象を受ける。一番笑いを誘ったのが、スペイン人の兄弟の登場で高橋さん・八嶋さんの個性の強さが目立った舞台となったと思う。もっとも、男編の方が面白く感じたのは、私自身が【女】である訳で、多少身につまされるような感覚があったからかもしれないが。。。
9/22おかしな二人【女編】PARCO劇場☆☆☆
9/24 子供騙しかめありリリオホール☆☆☆☆☆いや〜〜。大いに笑った1時間40分だった。設定自体は『ないないない!』って思ってしまうものだけれど、妙に納得できてしまう。これ 完璧当て書きの強みが目立った舞台ですね。もう一回観てみたいです。
10/1 泪目銀座「これはあけぼの」かめありリリオホール☆☆☆☆台風直撃の中いそいそと劇場へ。。。終演後ははちゃめちゃな強風ですごいことになってました(笑)
舞台の方はこれまたかなり誇張した設定ではあるんだけど、やっぱりほのぼの。。。川平さん良い味でした。
10/4 検察側の証人ル・テアトル銀座☆☆☆良い舞台なんだけど。。。。河原さんがこの役のキャラに今ひとつあっていないようで。。。。麻実さんの登場まで間の抜けた舞台だった気がする。
疲れが溜まっていたのか、間が抜けている間に猛烈な眠気に襲われ、それに打ち勝てず、気がついたときにはすでに麻実さんが登場していた。。。(´Д`) ハゥー
10/11 遊◎機械/全自動シアター「クラブ・オブ・アリス」青山円形劇場☆☆☆☆この小さい劇場で、死角がたくさんの高層の装置には疑問が残るが、非常にテンポ良く、共感できる部分がたくさんある作品。浅野温子さんがあそこまでお芝居のできる方だとは正直思っていなかった。とても目立つシーンはないものの北村岳子さんが光っていた。
10/17 モーツアルト日生劇場☆☆主役が脇を固める役者さんに食われまくっている舞台。。。ベテランの役者さんが出てくると舞台が引き締まるのだが、間延びする部分多し。。。高橋由美子さんが光っていた。井上さんはすでに声が疲れているようで、高音が出きっていなかった。
10/20 エレファントマンかめありリリオホール☆☆☆☆☆非常に質の高い舞台。高い舞台装置がちょっと見づらい感もあるが、キャスティングの良さもあると思うけど、宮田慶子さんの演出の絶妙さが素晴らしい。
10/23 太平洋序曲新国立劇場(小)☆☆☆(゜ペ)ウーン。。。初演が良かった故に期待しすぎたのかなぁ???
完全にパワー不足と感じた。初演出演していた役者さんが抜けた穴が大きいのだろうか??治田敦さんが一人で目立っていた舞台だったなぁ。。
11/16青年座「ハロルドとモード」本多劇場☆☆☆☆☆この日は色々なことが重なって 舞台を観る前に色々な予定をこなしたため、実は寝てしまうのではないかと危惧していたのだが、東恵美子さんの可愛らしさと達者が重なってあっと言う間に時間が過ぎていった。一幕がちょっとだけ間延びしていたが。。。この舞台を観ることができて良かったなぁ。。。。
11/17青年座「フユヒコ」鎌倉芸術館(小)☆☆☆☆☆この舞台の評判だけはたくさん聞いていたのだが、私自身は初見の舞台。家族のこととか色々考えさせられたけど、評判通りめちゃくちゃ面白かった。わざわざ大船まで行った甲斐があったというものだ(笑)
11/29劇団NLT「オスカー」俳優座劇場☆☆村田国夫さんのお芝居とか話の内容的には面白いんだけど、この劇団が狙っていると思われる笑いの温度が私には合わなかったみたい。。
12/5劇団四季「マンマ・ミーア!」電通四季劇場(小)☆☆☆☆☆保坂さんが素晴らしい!もう日本でのこの作品は、保坂さん抜きには語れないのではないかと感じられるほど^^。保坂さんが登板中に再度足を運びたいと思う。


homeへ戻る2001年の記録へ 2003年の記録へ