新国立劇場2001/2002シーズン ラインアップ


上演月作品名主なスタッフ
2001年9月太陽劇団(テアトル・デュ・ソレイユ) Tambours sur la Digue(堤防の上の鼓手)作:エレーヌ・シクスー/演出:アリアーヌ・ムヌーシュキン /音楽:ジャン=ジャック・ルメートル
10〜11月コペンハーゲン作:マイケル・フレイン/演出:鵜山仁
12月美女で野獣作:荻野アンナ /演出:宮田慶子
2002年2月かもめ作:アントン・チェーホフ/演出:マキノノゾミ
2〜3月the Sneeze/くしゃみ原作:アントン・チェーホフ/台本:マイケル・フレイン/演出:熊倉一雄
4月『三人姉妹』を追放されしトゥーゼンバフの物語作・演出:岩松了
5月ワーニャおじさん作:アントン・チェーホフ/演出:栗山民也
6〜7月桜の園作:アントン・チェーホフ/演出:栗山民也
6月日韓合同企画作品 光の都(仮題)作:平田オリザ、パク・リョンモク(交渉中) /演出:イ・リョンフン、平田オリザ


上演月作品名
2001年10月「ロメオとジュリエット」(マクミラン版)
12月「シンデレラ」(アシュトン版)
2002年2月「白鳥の湖」
3月『ミックス・プログラム』
  Aプロ……「レ・シルフィード」「四つの最後の歌」「ドゥエンデ」
  Bプロ……「シンフォニー・イン・C」「リラの園」「ドゥエンデ」
5月「ドン・キホーテ」(日韓芸術家交流事業)
6月「ジゼル」


上演月作品名
2001年9月菊地純子 「Metamorphosis」
  モリサ・フェンレイ 「Signs:Landmark」
12月野坂公夫 「森羅」
正田千鶴 「空間の詩学」
2002年2月伊藤キム〜伊藤キム作品集〜
6月アキコカンダ「マーサへ」〜空のなか 愛がふれあうとき〜


homeへ戻る国内のニュースへ